その先を記録するブログ

楽しく生きるためにいろんな情報を共有するブログ

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」の感想

青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない
青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない

youtu.be
youtu.be

あらすじ

ゴールデンウィークの最終日、高校2年生の梓川咲太は同じ高校の先輩であり、女優として有名な桜島麻衣に図書館で出会う。彼女はなぜかバニーガール姿だったが、咲太以外の図書館の利用客には彼女のことが見えていないようだった。
麻衣の透明化現象は、都市伝説として知られる思春期症候群の一種であり、彼女が女優業を休業し、学校で空気のような存在を演じていたことが原因だと判明する。
そんな中、思春期症候群の影響が広がって麻衣を認識できない人間が増えていく。そして咲太以外のすべての人は麻衣が見えなくなって彼女に関する記憶を失っていき、咲太さえも麻衣のことを忘れてしまう。
だが、とあることがきっかけで麻衣の存在を思い出した咲太が教室を飛び出し、校庭から校舎の全生徒に向かって、大声で麻衣が好きだと告白をしたことで、全校生徒が麻衣の存在を再び認識できるようになった。その一か月後、咲太は麻衣と交際を始めることになる。また麻衣は芸能界への復帰を決める。(Wikipedia)

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」動画の視聴はこちら

感想

この作品は、思春期症候群という現象で、ヒロイン達の悩みや葛藤、そういった心情から発症します。個性的なヒロイン達と出会い、それぞれが抱える悩み、そして思春期症候群を解決していくという青春物語です。有名人なのに一般人の主人公に惚れる桜島麻衣。有名人なだけあってかわいい。高校生なのに白衣を着ている双葉理央や、主人公にベタベタな妹、梓川かえで。そんな青春物語です。

TVアニメ「青春ブタ野郎はバニーガール先輩の夢を見ない」公式サイト